Close

初めての方へ向けた転職活動の流れを紹介

初めて転職を行う場合はわからないことや不安に思うことが多いかもしれませんが、次のステップを踏んで転職活動を進めていきましょう。
転職活動を始める際は、まず初めに目的を考えます。転職することによって次の企業で何をしたいのかを明確に定め、自分が就きたい職業・業種をはっきりさせます。さらに、目的に優先順位を設けることで、多少条件の悪い企業でも転職先として検討できるため、転職先の幅を広げることができます。
次に、目的に見合った求人情報を集めます。求人情報を得るためには、求人サイトや企業の求人募集ページ、ハローワーク等があります。しかし、これらを利用しても目的に該当する企業を見つけることは難しいため、企業から自分を見つけてもらうためにパーソナルデータを発信することも大切です。これは転職サイトや転職エージェントで可能になっています。
これらと同時に、面接でアピールするための材料を集めます。このときの注意点として、採用側の企業が求める人材をイメージすることです。自身のアピールポイントと求める人材がマッチしていなければ、採用に繋がることは難しくなります。そのため、アピールポイントを探す作業と企業情報を調べる作業は並行して行いましょう。企業の求人募集ページや転職コンサルタントから提供される情報から求める人材を調べることができます。
最後は現在勤めている会社の退職です。退職時はトラブルを防ぐため、一ヶ月から三ヶ月前には退職する旨を会社側に伝えておく必要があります。後任探しや業務の引継ぎに時間がかかる場合は特に重要です。