Close

考え方を一新する必要がある初めての転職

転職をするのが初めてのときには、自己アピールの仕方を誤ってしまって書類選考すら通らないという状況に陥ることがよくあります。
履歴書と職務経歴書を用意して提出することはできても、その内容を見てみると面接官としてはほとんど興味がないという状況になっている人も多いのです。就職活動しかしたことがない人が犯してしまいやすいミスとして、ポテンシャル採用をしたもらうための自己アピールをしているというものが挙げられます。
これから新しいことを学んで役に立つ人材となっていくということをアピールしたり、習得能力が高くて将来的に活躍できる可能性を秘めていることを主張したりするのは新卒や第二新卒程度までしかあまり意味がありません。それ以降になると即戦力になることを求められているのが一般的であり、今までのキャリアを棚卸しして、いかにして企業の即戦力になれるかをアピールすることが必須です。
企業によって人材を募集している理由は異なるため、企業情報や業界情報などを収集して、どんな意図で求人を出しているのかを推察した上で自己アピールをすることも大切になります。初めての転職のときには就職活動で身につけたノウハウを活用しようとしてしまい、ポテンシャル採用を目指す自己アピールをしてしまいがちです。
しかし、中途採用の場合には企業ごとに人材獲得の目標が異なることを理解し、十分に企業研究をした上で挑むことを忘れないようにしましょう。